相談を見る

HOME > 相談を見る

治療費の請求

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自転車】
事故発生場所等 神奈川県、道路以外の場所(交差点又はその付近)、昼間
事故発生状況 自転車道での事故
脇道から本線に入るところで私は左方面ヘアピンを曲がろうとした。相手は本線の直進方向へ行こうとした。私は相手の前方を減速しながら曲がろうとしていたところに後ろからスピードをあげ私を左から追い抜こうとしたので、気が付いた時には横にいてよけることもできず私の前輪がすくわれて左に倒れ、左ひじを3針縫うけがをした。相手はスピードもでてたのでそのまま直進して転倒もしていない。走っていたところは坂道を上る細い道なのでふつうの状況ではそこで人を追い抜く行為はしない。相手の危険な運転だと思います。

相談と回答

事故の状況から私も走行していたので10ゼロではないが、あきらかに相手の無理な追い越しなので、相手の過失を認めて、それなりの金額をいただきたいが、どうすればよいか教えてください。
以下は現場のグーグルマップです。どうぞよろしくお願いします。
https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=%E7%B7%91%E5%8C%BA%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E7%94%BA1252-2&ie=UTF-8&hq=&hnear=0x6018586c60eac699:0xd94959e54cd919fc,%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E7%B7%91%E5%8C%BA%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E7%94%BA%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%95%EF%BC%92%E2%88%92%EF%BC%92&gl=jp&ei=JEJwU7LJAcLy8QX81YGQAg&ved=0CB8Q8gEoATAA

2014-05-12 13:22:25

<< 相談一覧に戻る

事故後の相手方とのやりとりが不明ですが、相手方が和解(示談)の話し合いに応じていないとの前提で、治療費等の損害賠償請求の一般的な方法をご紹介します。

1.損害額(治療費等の実損害額、通院に伴う慰謝料)を算定し、過失割合を検討し、相手方に対する損害賠償請求書を作成して送付します。
2.相手方が、損害賠償請求に何らかの反応・対応をしてきたら、それを機に、和解に向けての話し合いや書面でのやりとりなどをします。互いに和解内容について合意に至ったならば、和解契約書(示談書)を作成します。
3.相手方が損害賠償請求に対応しない場合や、話し合い等が平行線になるようでしたら、裁判を起こします。
 (裁判ではなく、自転車ADR機関(裁判によらずに和解を図る機関)を利用するという方法もございます。)

k.takanashi0011(弁護士) | 2014-05-19 17:36:45

ご回答ありがとうございます。この場合の請求額なのですが、過失割合は相手と自分それぞれ何パーセントが妥当でしょうか?具体的な数字を相手に示したいのです。
先日改めて現場にいきました。幹線道路の下をぬける細い自転車道でまた左側の本線の自転車道に合流します。道幅は2mもないところです。上り坂を先行して徐行しながらT字路を左後方に曲がろうとしていた(本線合流して逆方向に行く)私をスピードをあげて左から直進方向に追い越そうとしたのです。相手は私が曲がるとは思わなかったとそればかりです。
治療費は1万程度、治療のために会社は2日休みます。自転車に目立った傷はないですが、30万程度の自転車です。
どうぞよろしくお願いします。

2014-05-20 09:22:44

過失割合については、本件の事故に完全に当てはまる基準ではありませんが、やや似ている自動車同士の事故形態を準用しますと、「あなた20又は40:相手80又は60」が基本の割合とされております。

なお、ぴったり当てはまる基準がないことから、一つの方法として、とりあえずは過失割合を掲げずに(全て相手方の責任であるとして)損害賠償請求を行い、交渉の過程で数割程度妥協するという進め方も考えられます。

k.takanashi0011(弁護士) | 2014-05-31 13:37:38

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル