相談を見る

HOME > 相談を見る

請求の件

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自転車】
事故発生場所等 愛知県、車道上(交差点又はその付近)、夜間
事故発生状況 信号機の無い横断歩道上での事故です。
車道を挟み右側駅。横断歩道は自転車走行可のマーク無し。
駅側より相手18歳横断歩道を走行、息子車道左側を走行。
ブレーキ掛けたが間に合わず前輪同士接触。
1回転し、顎の所を切り救急車で搬送。
その後警察とは、事故状況話してません。
警察は相手との現場検証のみ。

相談と回答

今日、相手の保険会社より電話あり、横断歩道を走行していたのでこちらに非は無いのでは…との事。こちらも、前方不注意と停止義務の違反はあるかもしれませんが、横断歩道を自転車での走行も違反ではないでしょうか?相手は18歳で病院には父親が来て、たいした怪我でなくて良かったですねと言ったそうです。
顔に5針縫う怪我で、なおさら保険会社の方の言い方もどうかと思います。こちらは、保険に入っておらず、どうしたらよいかと相談しました。できれば病院費用、自転車の修理代など正当に請求できるものですか?
教えて下さい。

2014-04-24 22:40:43

<< 相談一覧に戻る

事故の状況にもよりますので確たることは申せませんが、車道通行自動車と横断歩道通行自転車との事故でも、過失相殺率基準では、自転車側に一定の過失が問われますので、本件も、相手方に全く非がない(相手方の過失ゼロ)とは考えにくいものと思います。

なお、自転車が横断歩道設置場所を横断することは法律上禁止されておらず、逆に、横断歩道を横断している自転車があるときは車道を走行している車両(自転車を含みます。)は横断している自転車を優先させなければなりません。
そのため本件事故は、息子さんの方により大きな過失があったと判断され易いケースではないかと思います。

相手方に対する損害賠償請求につきましては、病院の費用や自転車の修理代などの実費のほか、慰謝料についても、相手方の過失割合に応じた分を請求することができます。
今後については、まずは相手方に対しあなたが適切と考える和解(示談)内容を提示し、それを元に話し合いを進めていくという方法が考えられます。

瀬川宏(行政書士)、瀬川事務所、東京都 | 2014-04-28 18:21:14

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル