相談を見る

HOME > 相談を見る

過失割合

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自転車】
事故発生場所等 愛知県、歩道上(交差点以外の場所)、昼間
事故発生状況 午後四時半ごろ、21歳の息子が右側相手側も21歳の男性が 左走行で正面からぶつかり転倒し、相手側が腕に擦過傷と打撲を負われました。息子が携帯を操作しながら、走っていたそうで回避が遅れたそうです。相手もよけきれなかったそうです。

相談と回答

怪我は良いからロードバイク代金として24万円請求されました。50/50ほどの過失割合は無理としても100/0と言われショックを受けています。過失割合として教えて頂いきたいです。又、すぐに応じなければ刑事にすると言われています。

2014-04-02 01:06:08

<< 相談一覧に戻る

歩道上の事故とのことですが、歩道において自転車は、歩行者の有無に関わらず、徐行をしなければなりません。
「相手もよけきれなかった」とのことですので、相手方はこの徐行義務を守っていなかったのではないかと思われます。
そのため、息子さんがよっぽど予測不能な運転をしていなかった限り、相手方にもそれなりの過失責任を負うべきものと考えます。
具体的な過失割合を検討することは、ご相談文からは困難ですが、50/50からの交渉でも差し支えないのではないかと思います。

なお、「刑事にする」と言われた件については、過失傷害罪などで刑事告訴を行うことは事故で怪我をした者の一種の権利とも言えますので、「どうぞご自由に」としか言いようがありません。
相手方は、過失割合や損害賠償の件で折れさせようとして言っているのかもしれませんので、刑事云々についてはあまり気にされな方が良いでしょう。

k.takanashi0011(弁護士) | 2014-04-09 19:20:55

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル