相談を見る

HOME > 相談を見る

自転車事故の過失割合とか示談の進め方。

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自転車】
事故発生場所等 大阪府、車道上(交差点又はその付近)、夜間
事故発生状況 T字の交差点で、母親は信号青でT字の縦棒を発進。相手方は、T字の横棒方向へ車道を進んできた。相手方には、車道の大きな信号しかなく当然赤信号。 母親はぶつかり転倒。救急車で運ばれる。骨折はなかったものの、息をするとあばら骨がとても痛むらしく、ひざやひじ、太もも等に打撲の痛みがあり、少し頭もだるいとのこと。

相談と回答

治療費、慰謝料、交通費、休業補償等はどうしたらよいのでしょうか? 相手は一方的に私が悪いと認めてくれています。相手は21歳で社会人の女性。こちらは、64歳で介護福祉士の仕事をしています。

2014-02-20 09:42:41

<< 相談一覧に戻る

過失割合については、相手方が「一方的に私が悪い」と認めているとのことですので、先に過失割合に関する同意書を作成しておかれることをお勧めします。

治療費、慰謝料などの損害賠償につきましては、基本的には、治療が完了して損害額の確定ができる状態になってから請求するものではありますが、治療が長期に及ぶ場合には、例えば1か月ごとに治療費などの実損害を払ってもらい、治療完了後に残額と慰謝料を精算するという方法も考えられます。
相手方が、このような支払いに同意した場合には、同様にその旨を書面にされることをお勧めします。

k.takanashi0011(弁護士) | 2014-02-26 19:37:49

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル