相談を見る

HOME > 相談を見る

私だけが罪に問われるケースなのでしょうか?

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自転車】
事故発生場所等 大阪府、車道上(交差点又はその付近)、昼間
事故発生状況 小さな四つ角(道幅5mが交差)の手前で道路左端を前車に付いて走行していたところ、全車が右へ進路を変えたので右折する物と考え直進していると、
先ほど右へ曲がったと思っていた自転車が私の自転車のセンタースタンド左後端に前輪をぶつけて転倒しました
 結果、先方の高齢女性はヒザと顔を打撲して救急搬送しました

相談と回答

視界外の斜め後方から衝突して来て、当方は転倒する事も無く衝突に気付いたので停車して倒れてる先方(高齢女性)の救護や倒れてる自転車の移動までしたのに検分に来た警察官までが当方の過失による事故で障害致傷案件だとも言われました
 私は納得出来ません

2020-10-16 10:28:25

<< 相談一覧に戻る

事故の発生状況から、相手方があなたの自転車の後方からぶつかってきた、言い換えれば、相手方があなたに追突してきたという事故であったのではと推測いたしております。

この場合、基本的な過失割合は、自動車同士の追突事故のケースを準用しますと、あなた:相手方=30:70となります。
あなたの側に責任が全くないとは言い切れませんものの、責任の多くは、相手方の方にあるものと考えます。

t.saito0854(行政書士) | 2020-10-26 10:41:17

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル