相談を見る

HOME > 相談を見る

過失割合

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自動車】
事故発生場所等 東京都、車道上(交差点又はその付近)、昼間
事故発生状況 川沿いサイクリングロードから車道に上がった際、
道路が赤信号で停車中の車が数台あった。

右側にある横断歩道ではなく、車道を横断した。
横断直後に信号が青に変わり、車に接触。

相談と回答

上記の状況下での過失割合を教えていただきたくお願いいたします。

通常、上記の状況で道路を横断する際は、
1.右側にある横断歩道(自転車用横断帯なし)に向かって車道を逆走する、
2.ガードレール内の歩道を逆走する、
3.車道を横断する(横断禁止のプレートなし)
のいずれかだと思いますが、
3の場合の過失割合はどう判断されるのでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

2019-08-19 11:30:53

<< 相談一覧に戻る

自転車が、横断歩道も自転車横断帯もない場所を横断した際に、自動車と事故にあった場合の過失割合は、過失相殺率の認定基準では次のとおりとされております。
(基本)自転車30:自動車70

なお、どちらかに「著しい過失」や「重過失」があった場合など、状況により修正要素が生じる場合があります。

t.saito0854(行政書士) | 2019-08-27 10:50:41

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル