相談を見る

HOME > 相談を見る

過失はどちらに?

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自動車】
事故発生場所等 千葉県、車道上(交差点以外の場所)、夜間
事故発生状況 対抗車が、直進してくる私(自転車)の注意を怠り、駐車場に入るために右折。私は急な停車が出来ず、転倒&自動車に軽く衝突しました。
自動車の破損はバンパーに傷がついた程度。
自転車はフレームが曲がり、私は軽症を負っています。

相談と回答

一方通行、車両進入禁止の標識に「軽車両を除く」の補足文表示が無かったので、この場合、自転車に乗り、一方通行を逆走していた私の100%過失となってしまうのでしょうか?
医療費や自転車の修理代を相手に請求する事は出来ないのでしょうか?

また、この場合、自転車は「走行可能な歩道を走らなければならない」という事なのでしょうか?

2014-06-05 07:56:42

<< 相談一覧に戻る

過失割合につきましては、一方道路であることを考慮しなければ、基本は「自転車(あなた)10:自動車(相手方)90」とされております。
一方通行違反を加味する場合、自転車に「著しい過失」があったものとして考えるのが相当と考えますが、この場合の修正割合は、自転車側にプラス10とされており、結果「自転車20:自動車80」ということになろうかと考えます。
この考えに立てば、相手方に対し、あなたが負った損害(医療費、自転車の修理費などの実費のほか、通院日数・治療日数に応じた慰謝料など)の8割を相手方に請求し得ることとなります。

なお、このような道路を自転車で上方向に通行したい場合には、歩道を通行すべきこととなります。

瀬川宏(行政書士)、瀬川事務所、東京都 | 2014-06-07 13:55:19

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル