相談を見る

HOME > 相談を見る

過失割合(修正要素含む)

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自動車】
事故発生場所等 神奈川県、歩道上(交差点以外の場所)、昼間
事故発生状況 道路から歩道を横切って百貨店の駐車場に入る自動車と自転車が歩道上で接触。
自転車は停止して一台見送った後、次の自動車が止まる様子だったので、発進したところ、自動車の運転手がアクセルとブレーキを踏み間違えて急発進し、接触。

相談と回答

怪我をして病院で治療しましたが、相手のためを思い、警察には物損事故で届けました。
被害者側(自転車)からすると、避けられない事故であり、過失割合は、100(自動車):0(自転車)と考えていますが、いかがでしょうか。

2017-03-24 16:12:50

<< 相談一覧に戻る

道路を通行している自転車と、道路外出入をする自動車との事故に関して、過失相殺率基準では、(少々本件事故と状況が異なりますが)基本の過失割合は「自転車10:自動車90」とされております。

ただし、この過失割合は自転車側にある程度の前方注意義務違反があることを前提としているものであり、またアクセルとブレーキの踏み間違いは「著しい過失」といえるため、「自転車0:自動車100」と十分主張し得るものと考えます。

t.saito0854(行政書士) | 2017-03-26 16:37:59

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル