相談を見る

HOME > 相談を見る

足立区鹿浜 

事故の状況

年齢 20歳〜69歳
事故の種類 相談者【自転車】 − 相手方【自動車】
事故発生場所等 東京都、車道上(交差点又はその付近)、昼間
事故発生状況 幅 5m程度の一方通行を自転車で右端走行中に私道から車が出てきて、それを避けるために道路中央側へ膨らんだところ後ろから来た車に自転車が接触した。

相談と回答

幸い怪我は無かったのですが、後ろから来た車の前側面が傷つき、飛び出してきた車と自転車に乗っていた私(実際は私の娘)が修理代を請求されています。事故当時、警察が介入しましたが、怪我が無かったため本件の間には入れないとのこと。狭い道路で注意して走るのが車を運転するものの義務だと思うのですが前方不注意や車間距離の問題は棚にあげて右側走行をしていた私のせいだと言われています。また、事故の瞬間、煙草を吸ったまま降りてきたらしく片手運転ではないかと思われます。事故の時間は16:00 この時間は移住者を除いては通れない道路です。

2016-06-03 13:20:05

<< 相談一覧に戻る

お書き頂いた内容から、後ろから来た自動車(以下「被害車両」といいます。)の修理代の一部分については、娘さんと、私道から飛び出してきた自動車(以下「飛び出し車両」といいます。)のドライバーとで、連帯して弁償すべきこととなりそうに思います。
このときの、娘さんと、飛び出し車両との負担割合(一種の過失割合)は、私道の方が明らかに狭い(幅2.5m以下など)と仮定すると、過失相殺率基準に照らせば、「あなた15:飛び出し自動車85」が基準となるのではと考えます。

なお、被害車両につきましても、前方を走っていた進路変更自転車に追突したことから、過失相殺率基準に照らせば、少なくとも60%程度の過失割合があったと考えることができます。
そのため、被害車両の修理代全体に対するの負担割合は、「娘さん6:飛び出し車両34:被害車両60」を基準とすべき旨を主張することもできるかと考えます。

t.saito0854(行政書士) | 2016-06-12 17:52:48

<< 相談一覧に戻る

追加相談・回答の締め切り(相談者専用)

メールアドレス 最初のご相談の際に使用されたメールアドレスを入力してください。
処理
追加相談内容
又は
締め切り文言
画像ファイル